読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line 1: Error: Invalid Blog('by Esehara' )

または私は如何にして心配するのを止めてバグを愛するようになったか

>> Zanmemo

あと何かあれは 「esehara あっと じーめーる」 か @esehara まで

近況報告: 今度、技術書典2で出す『邪悪なWebクローラー読本』という同人誌に寄稿させてもらいました

はじめに

こんにちは。最近はちょっとした気分障害が出てしまって、仕事のほうが余り上手くいっていない似非原です。ブログのほうでも、余り技術的なことを書いておらず、エンジニア的な活動が疎かになっており、いい感じにダメになって腐っていたのですが、今回ぷりんたい氏のお誘いにより、記事を書くことになりました。

というわけで、そのあたりの宣伝をしたいと思います。

技術書典2とは

技術書典2に関して、てっとり早いのは、公式ページを読むことです。あと、[技術書典のガイド記事もある]ので、そちらを参考にしてみてください。

f:id:nisemono_san:20170408030336p:plain

簡単に言ってしまえば、技術書系同人誌オンリーイベント。技術書を同人誌で出すことに意味があるのか、というのはありますが、例えば、現在商業ベースに載らないようなマイナーな技術的知見を共有したり、あるいはあまりネット上の文章で残したくないような知見を紙ベースで発行する、といったようなイベントになるかと思います。あと、単純に同人誌を作るのは楽しいというのがありますね。

で、今回私達が参加するサークル名は『自動機械』というサークルです。場所は「お-64」となっています。

f:id:nisemono_san:20170408030401p:plain

自分の他にももんが氏も関わっており、査読した限り、少くとも、ぷりんたい氏とももんが氏の記事に関しては、技術的知見も多くあり、参考になる点は非常に多いと思います。自分の記事に関しては、クローラーというか、どちらかといえば人のサービスにちょっかいをかけては怒られるという話で、コラム的な話題になっています。また、ちょっとしたゆるふわ系のイラストも挿絵に書いたりと、まあそういうゆるふわ担当でやっていました。

f:id:nisemono_san:20170408030434p:plain

タイトルの通り、今回出す本は、『邪悪なWebクローラー読本』ということなので、基本的には「ネット上に文章をそれほど拡散させたくない情報を紙で出す」という趣旨になっています。

大切なことですが、通販では販売する可能性はほぼありません。これは、本書の内容がそれなりにリスキーな話題があるため、できるなら対面で買って欲しいという意図があります。なので、これを逃すと、他のところで買う機会は殆ど無いかと思います。自分の原稿についても、かなりグレーな話がある関係上、表に出ることは殆ど無いと思われます。

ただし、このイベントに出れなくて、自分の原稿に興味がある人は裏で、こっそりとDMを送ってくれれば、その分の原稿は無償でお渡しするので、気軽にご連絡ください。

何はともあれ、自分以外の原稿に関しては、技術的に非常に勉強になることが書いてありますし、またクローラーに知見のある二人が書いてあるので、もしそのような案件を是非やって欲しいということになれば、確実にこのあたりをやってくれるしょう。仕事のほうも募集していますので、その宣伝分もこめて、是非購入して頂ければ幸いです。

ちなみに

で、これはまた別件なのですが、今度『ゲームマーケット』に出展することになったのですが、こちらの申し込みの間違いで、普通のカジュアルカードゲームを出す予定が、テーブルトークTRPGの島に配置されることになり、非常に困ったことになってしましました。これはゲームマーケットの運営側との疎通が上手くいかなかったためでもあります。

f:id:nisemono_san:20170408030551p:plain

このあたりについても、別件でブログに書こうと思いますが、もしこのブログを見ている方で、ゲームマーケットに来る方は、是非面白そうだったら、拡散して頂けると助かります。まさかね、こんなことになるとは思わなかったのじゃよ……。ゲームの内容はこちらになります

とりあえず、ゲームマーケットのゲーム制作に関することについては、こちらのブログか、あるはゲームマーケットのブログにて報告したいと思います。ちなみに、ゲーム制作のデザインに関してはまくるめさんにやってもらいました。また直前に宣伝したいと思いますが、こちらのほうも是非、よろしくお願いします。