Line 1: Error: Invalid Blog('by Esehara' )

または私は如何にして心配するのを止めてバグを愛するようになったか

>> Zanmemo

あと何かあれは 「esehara あっと じーめーる」 か @esehara まで

Gistを読書メモ代わりにしてみる

はじめに

 最近になって、『計算機プログラミングの構造と解釈』という、Lispを使ったコンピューターサイエンスの基礎的な知識を解説した本があるのだけれども、それを同僚と勉強しようという話をしていて、その話を知り合いにもしたら、それが広まって「みんなでやろう」みたいな流れになったので、急遽読書メモを何処かに残しておく必要があるという感じになりました。

 で、条件として、下のような条件を考えました。

  • 臨時スペースとして仕様可能
  • 公開が楽
  • 手元のパソコンから編集したい

 以前に、Evernoteの代わりとして、Simplenoteを提案したこともあるのですが、Simplenoteは公開するのには少し不便。

 で、GitHubが運営しているサービスとしてGistがあったことを思い出して、ここに読書メモを保存すると便利なんじゃないかと思ったので、そういう風に運営してみた次第です。

Gistとは何なのか

 Gistとは何なのか。ユースケースとしては、何かの断片的なソースコードを公開したり溜めておいたり、あるいは何か技術的なトピックについてメモしておく、など色々な使い方があると思うのですが、 内部的にはgit のようです。

 GitHubハードユーザーなら誰でも知っているこの事実ですが、あんまり活用されていないようなので、利用しようという話です。

 で、そのあたりを知らない人は、「えっ、何処でレポジトリをCloneするの?」という話になるかと思われるので、下を見て頂ければ幸いかと。

 下のURLでgit cloneを発動すると、手元に引っ張ってこれます。これは便利ですね。さらにgit pushも出来るので、手元で気軽に更新ができるわけです。

 あえて、Gistで読書メモを管理する優位性を述べておくと、下のようになるかなと思います。

  • 手元で、好きなエディタで編集できる
  • 複数のファイルを登録できる

 それほどないですが、やってみると意外にも便利です。

さらに活用するために

 gitでは、カスタムコマンドが定義できます。どういうことかというと、git foobarみたいなコマンドをぶら下げることが出来るんですが、実はこの拡張自体は簡単で、PATHがある場所にgit-foobarというシェルファイルを置くだけでよかったりします。

 gitの場合は、厳密に運用するのですが、gistの場合はそれほど厳密にする必要は無いなーと思ったので、git-gistというファイルを作って、下のように書き込んだのでした。これで一発でpushできるのだけどかなり適当ですね。

#!/bin/bash

git add .
git commit -m "ADD"
git push origin master

 これで定期的にpushすることによって、快適なgist生活が送れます。やったね!というわけで、現在は下のような感じでメモを運用しています。

『計算機プログラムの構造と解釈』一章一節読書メモ

 ちなみに、gist自体はForkも出来るので、他人のGistを引っ張ってくることも可能だったりします。

まとめ

 とはいえ、まとめるほどのこともないのですが、簡単にいうと

  • Gistは即時的なレポジトリを作れるよ!
  • 当然ながらpushもできるよ!
  • 手元の環境でいじると結構便利だよ!

 という感じです。

 元々は(というより自分の登録したメモですが)下の記事でした。

SICP読みましょう

実は、SICPは英語なら無料で読めます。当然というか当たり前のように、翻訳も出ています。翻訳の質自体は想像するにお任せします。

計算機プログラムの構造と解釈

計算機プログラムの構造と解釈

  • 作者: ジェラルド・ジェイサスマン,ジュリーサスマン,ハロルドエイブルソン,Gerald Jay Sussman,Julie Sussman,Harold Abelson,和田英一
  • 出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション
  • 発売日: 2000/02
  • メディア: 単行本
  • 購入: 35人 クリック: 1,149回
  • この商品を含むブログ (489件) を見る